家屋移動工事、曳家工事や沈下修正工事なら英彦建設へおまかせ下さい。有限会社英彦建設tel.097-533-1110

トップイメージ

引越し不要で、短期間の施工!最新工法で大切な財産を安全にしかも最小限の予算で後世に残す家屋移動工事をします。
家が少し傾いているのでは?と心当たりのある方お気軽にご相談下さい。地盤沈下による家の傾きを直します!
英彦建設のおなじみCMやTVで紹介された内容をご紹介。大分合同新聞と大分建設新聞での新聞取材も。
昭和39年大分市 三川 長勝寺観音堂の移転から現在まで多くの実績があります。
英彦建設BLOGです。過去に施工した案件などご紹介していきます。
東日本大震災の災害復旧・支援活動についてのページもあります。

沈下修正工事とは?

地盤の沈下や流失により傾いたり、埋没した建物を地盤とともに正常な状態に修正することです。

家が少し傾いているのでは?皆様がお住いの大事な家。その大事な資産が危険にさらされています。家が少し傾いているのでは?と、思われる方下記の方法で自己診断されてみては!?

ひとつでもチェックがある方は要注意!!地盤沈下の可能性があります。

放おっておくと…構造対力の強化による地震等の被害が増大することが懸念されるだけでなく日常の健康被害、また、不動産価値の低下も招きます。

そこで被害が最少のうちの発見し治療を施すことが大事です。

家が少し傾いているのでは?と心当たりのある方お気軽にご相談下さい。
地盤沈下による家の傾きを直します!

沈下修正の工法

地盤沈下による家の傾きや歪みを放置しておくと建物の軸組や基礎に負担が生じ、建物自体の重さで傾きが加速されます。そうなると強制が難しくなり費用の負担も大きくなります。 簡易な矯正工事として土台だけを基礎から持ち上げ、そのすき間をコンクリートで埋める 工法もありますが、沈下が始まるとどの程度で止まるのか、それ以上進むのか予測できず 何度も工事を繰り返すことになります。弊社の沈下修正ほ工法は、アンダーピーニング工法・ サイドピーニング工法・耐圧板工法・土台揚げ工法の4種類あります。

軟弱地盤における被害防止と対策工法

アンダーピーニング工法

アンダーピーニング工法イメージ

弊社の一番のお勧め工法です。 基礎下の土を掘り、その下に鋼管杭を支持層まで 打ち込みます。その上に耐圧版を施工し油圧の同調ジャッキで基礎ごと揚げる工法です 。耐久性の高い工法です。 地盤沈下が進みますと、家の荷重が下がった方に偏る為、加速 度的に沈下が進んでいきます。 なるべく早い対応をお勧めします。

サイドピーニング工法

サイドピーニング工法イメージ

基礎コンクリートの耐力に問題がある場合、フーチングの横に鋼管杭を打ち込みブラケットでフーチングを支える工法です。

耐圧版工法

耐圧版工法イメージ

基礎下の土を掘り、耐圧版を施工し、油圧の同調ジャッキで基礎ごと揚げる工法です。 支持層が浅い場合に有効です。

土台揚げ工法

基礎と土台を切り離し、家だけを上げる工法です。工期が短く、コストも低く抑えられます。
既に、沈下が止まっている場合にどうぞ。

沈下修正施工事例はこちらから

このページのトップへ